ダンスを習う


スポーツクラブのキッズスクールではさまざまな種目を習うことができます。その中でも特に人気のある習い事の一つに、ダンスがあります。テレビで観るようなアーティストやダンサーのようにかっこよく踊りたいと思っているお子さんは多いと思います。平成24年度からは、中学校の必修科目にダンスが加わり、今までは一部の人しかやっていなかったダンスが、より身近なものになってきています。小さい頃からダンスを習っていると、学校でのダンスの授業についていけないなどということがなくなるので、積極的に取り組むことができます。

キッズスクールで音楽に合わせてダンスを元気に踊ることで、リズム感や柔軟性を向上させることができます。ダンスは全身運動なので、あらゆるスポーツに必要とされるバランス感覚や基礎体力が身につきます。また、キッズスクールでの集団行動を経験することによって、チームワークや協調性を養うことができます。定期的に発表会をおこなっているキッズスクールも多く、日頃の練習の成果を発表しています。発表会で踊って自分を表現するという機会を経験することにより、人前でも動じない強い心を育てます。発表会を成功させるために頑張るという、やる気や根気を育てることもできます。

キッズスクールのメリット


スポーツクラブのキッズスクールで運動をすることによって様々なメリットがあります。キッズスクールで運動することによって基礎体力が向上するので、疲れにくくなります。そして、心肺機能や骨が丈夫になるので、運動をしていない子供にくらべて風邪を引きにくくなったり病気になりにくくなったります。短距離走のタイムが良くなったり、級が上がることによって子供の自信につながり、チャレンジ精神が生まれます。キッズスクールで普段から運動をしているので、体育の授業に苦手意識を持つこともなく、積極的に授業を受けることができます。

キッズスクールで定期的に運動をすることで運動不足の解消が期待できます。学校でも体育の授業がありますが、週に数回しかないので十分とは言えません。体育の授業がない日にスポーツクラブに通えば、ほぼ毎日運動ができます。

キッズスクールではさまざまな年齢の子供と一緒に練習したり、インストラクターと関わることになります。このような環境で練習することによって、人との関わり方や礼儀を身につけていくことができます。自然と学校以外の友達ができて、ライバルとして競い合って上達できるということも大きなメリットになります。